東松山市役所近くの耳鼻咽喉科

診療案内

  • HOME »
  • 診療案内
耳、鼻、のど、声、首、めまい、アレルギーなどの病気について診療します。
モニターに映し出された声帯

インフルエンザの予防接種・診断、その他の予防接種、睡眠時無呼吸症候群の検査・治療を行っています。

耳の病気

耳が痛い、耳だれ

お子さんに良くみられるのが急性中耳炎で、発熱を伴うこともあります。
慢性中耳炎や外耳炎でも痛みや耳だれがみられ、閉塞感や難聴を伴います。

聞こえが悪い

突然聞こえが悪くなる発性難聴はなるべく早く治療を解することが重要です。
お子さんや高齢の方に多く見られる滲出性中耳炎は中耳に水がたまる病気で、鼓膜切開、鼓膜チューブ留置などの適切な治療で聞こえが回復します。
その他、耳垢除去や老人性難聴の補聴器作成にも対応します。

耳がふさがったような感じ

風邪などにより鼻やのどの炎症を起こすと鼻から耳へつながる耳管というくだが腫れて通りが悪くなります。
低音だけが障害される急性の難聴も耳がふさがったような症状や耳鳴り、めまいを起こします。

めまい

天井や自分がぐるぐる回るようなめまいは耳が原因のことが多く、メニエール病や良性発作性頭位めまい症の可能性があります。突発性難聴でも初期にめまいを伴うことが多く、早期の診断治療が大切です。
脳梗塞など、頭の中の病気との鑑別が重要です。

鼻の病気

くしゃみ、鼻水、鼻づまり

風邪に急性鼻炎が多いですが、長引く場合はアレルギー性鼻炎かも知れません。
ハウスダストやスギ、ブタクサなど季節の花粉によるアレルギーが原因です。
掃除やマスクで防げなければアレルギー反応を抑える薬の内服や吸入の治療を行います。原因となるハウスダストやスギを毎日少量から投与し体を慣らしていく、アレルゲン免疫療法という新しい治療も行っています。

きたない鼻水、鼻がくさい、嗅覚障害

副鼻腔炎(ちくのう症)の可能性があります。急性のものでは頬や歯の痛み、頭痛を伴うことがあります。慢性のものでは鼻の中にポリープが出来たり、においを感じにくくなります。

鼻血が出る

鼻の入り口付近の血管から出血することが多く、繰り返す場合は電気で焼灼したりガーゼで圧迫して止血治療します。
鼻にできた腫瘍や血液の病気でも鼻血が出ることもあるので早めに受診しましょう。

のどの病気

のどが痛い

風邪によるのどの炎症、扁桃炎、喉頭炎、インフルエンザなどの感染症の可能性があります。息苦しい、飲み込みづらいなどの症状を伴う場合は重症のことも多く、ファイバースコープでの観察が必要です。

せき、痰が出る

多くは風邪やインフルエンザなど、のどの感染症です。
早めの治療で回復しない場合は百日咳、マイコプラズマ症、咳喘息、副鼻腔炎気管支症候群、慢性閉そく性肺疾患(COPD)や肺がんなどの可能性もあります。肺の病気が疑われれば、より専門性の高い病院へご紹介する場合もあります。

声がかすれる、高い声が出にくい、こもったような声

現在も日本大学病院で音声喉頭外来を担当しておりますので、ファイバースコープで観察した映像をお見せしながら、原因や治療方法について説明します。風邪などの炎症によるもの、声の使い過ぎによる声帯ポリープ、喉頭がん、良性の腫瘍、声帯を動かす神経が麻痺していることもあります。

その他の病気

耳の下の腫れ、顔面神経麻痺、くびの腫れ、味覚がわかりにくい、いびき、顔面や口の中のけが、甲状腺の病気、補聴器を作りたい、ピアス、睡眠時無呼吸症候群などにつきましてもご相談下さい。

診療時間
午前
9:00 ~ 12:00
午後
14:30 ~ 18:00
(土曜は、9:00 ~ 13:00 )
休診日 日曜・祝日
アクセス
東武東上線 東松山駅東口
徒歩10分
関越自動車道 東松山IC
車10分
駐車場
玄関前 4台 / 30m先 8台
所在地
〒355-0016
埼玉県東松山市材木町2-29
お問い合わせ
Tel
0493-22-3478
Fax
0493-22-5161
電話受付時間
平日
8:3012:00 14:0018:00
土曜
8:3013:00
PAGETOP
Copyright © Enomoto ENT CLINIC All Rights Reserved.