東松山市役所近くの耳鼻咽喉科

医院の紹介

  • HOME »
  • 医院の紹介

医院の内観

東松山周辺の医院ではあまり取り入れられていない、二つの診療ユニットによる同時治療体制を取っています。月曜日と土曜日の午前中が、二診体制となります。一般的に混雑し易い週明けや土曜日も、お待ち頂く時間が長くなりにくくなっています。

診察ユニット1

診察ユニット1

診察ユニット2

診察ユニット2

処置室(ベッド 3台)

処置室

受付

受付

待合室

待合室

睡眠時無呼吸症候群の診察処置が行えます

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っているときに無呼吸状態になる病気です。強い眠気、居眠り、意欲低下が起こる社会的な問題となる病気です。
詳しくは、SASnetをご覧下さい。

診療設備

耳科顕微鏡

耳科顕微鏡

中耳炎等、鼓膜の観察に利用します。

強い光(写真左の白いボックスが光源)で患部を照らし、手術用の顕微鏡(写真右)で拡大しながら、治療します。額帯鏡により反射された光と肉眼で処置することもできますが、拡大し確認することでデリケートな器官をより安全に、よりきめ細かく行えます。

オージオメータ・インピーダンスオージオメータ

中耳及び内耳の疾患を多角的に検査する装置です。

オージオメータは聴力を検査する装置で、純音域値と難聴の原因部位の特定に役立ちます。インピーダンスオージオメータは、鼓膜の張り具合や耳小骨の可動性(インピーダンス)の検査が行えます。中耳内に滲出液(しんしゅつえき)が溜まると鼓膜等の動きが悪くなるため、同機によって滲出性中耳炎の判定とその程度を知ることができます。

聴力検査 インピーダンスオージオメータ

鼻腔内視鏡

鼻腔内視鏡

鼻腔の様子を見ることができます。

写真左側より医師が鼻腔を観察しますが、そこにカメラを装着し写真撮影することも可能です。

高周波電気メス

鼻出血を止血するのに用います。

高周波の電気を細胞に流しジュール熱を発生させると、体細胞及び血液内のたんぱく質が凝固します。それにより止血効果が得られます。一定周波数を超えた電気信号は、周波数が上がる従い、通電による痛みが軽減されます。患者さんの苦痛が伴わないよう高周波の機材を選んでおります。
写真の四角のボックスが高周波を発生させる装置で、その上にある青く細い棒状のものを鼻腔内に挿入し、先端を患部にあてて使用します。

高周波電気メス

喉頭ファイバーユニット

喉頭ファイバーユニット

喉頭の様子を画面に映し出し、患者さんと供覧する装置です。

動画・静止画として保存でき、静止画は印刷して患者さんにお渡しできます。また、鉗子(かんし)付き処置用ファイバー(下の写真)もあり、魚の骨等の異物の摘出や声帯病変の治療に用いられます。

鉗子付き処置用ファイバー

喉頭直達ファイバー

口腔から挿入し、喉頭の疾患をモニターで詳しく観察するために用います。
喉頭直達ファイバー

ネブライザー

ネブライザー

薬剤の入った噴霧状のエアゾールを吸引することで、直接患部に行き渡せる装置です。アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎等の炎症や喉頭炎や声のかすれ等の症状を和らげる効果があります。

1~5μmの極めて細かい噴霧上にすることで、気管支の先まで薬剤を到達させることが可能になります。そのため、届き難い患部に対し直接的に作用させることができ、経口摂取にる投薬よりもより少ない薬剤で効果が得られます。

医院の外観

医院の外観

東松山市役所の通りにあり利便性にも優れている立地で、気軽に立ち寄れるよう玄関近くに駐車場と駐輪場を設けております。

診療時間
午前
9:00 ~ 12:00
午後
14:30 ~ 18:00
(土曜は、9:00 ~ 13:00 )
休診日 日曜・祝日
アクセス
東武東上線 東松山駅東口
徒歩10分
関越自動車道 東松山IC
車10分
駐車場
玄関前 4台 / 30m先 8台
所在地
〒355-0016
埼玉県東松山市材木町2-29
お問い合わせ
Tel
0493-22-3478
Fax
0493-22-5161
電話受付時間
平日
8:3012:00 14:0018:00
土曜
8:3013:00
PAGETOP
Copyright © Enomoto ENT CLINIC All Rights Reserved.